ヤマウコギ

ヤマウコギ

ウコギ科エゾウコギ属 落葉低木

林縁に生え、やや湿った場所に多い。
高さ2~4mになる。
樹皮は灰黒色。縦に長い皮目ができる。本年枝は緑褐色または灰褐色。扁平な細い刺が葉痕や葉の下につく。短枝がよく発達する。
葉は互生。長枝にはまばらに、短枝には群がってつく。掌状複葉。葉柄は長さ3~7cm、無毛で上面には溝がある。小葉は5個、長さ3~7cm、幅1.5~4cmの倒卵形または倒卵状長楕円形。小葉はほぼ同形同大。先は鈍く、基部はくさび形、しだいに狭くなって小葉柄に流れる。ふちには浅くて粗い鋸歯があり、先端は小さく尖る。両面とも無毛。裏面の脈腋には薄い膜がある。
雌雄別株。花期は5~6月。短枝の先に葉柄より短い散形花序を1個だし、黄緑色の小さな花を多数つける。花序の柄は長さ2~6cm、小花柄は長さ8~12mm。花弁は5個、卵状長楕円形で長さ1.5~2mm。雄花には花弁より長い雄しべが5個ある。雌花の花柱は2裂する。萼筒は鐘形で、微小な萼歯が5個ある。
果実は液果。直径5~6mmの扁平な球形で、7~8月に赤褐色から黒紫色に熟す。種子は長さ約5mmのほぼ半円形。
葉痕の下にはふつう鋭い棘がある。

新芽は山菜として利用され、かつては救荒植物として植えられた。

ヤマウコギ

ヤマウコギ