ヤブデマリ

ヤブデマリの花

スイカズラ科ガマズミ属 落葉低木

和名は、藪に生え、手鞠のような花を咲かせることから。
樹高は3~4mくらい。
葉は枝に対生し、形は長楕円形で10cmほど、葉の先端は尖り、縁は全縁になる。
花期は5~6月で、やや黄色を帯びた小さな両性花が集まる花序のまわりに、白色の大きな5枚の花弁の広がった装飾花が縁どる。装飾花は無性花で、花弁だけが広がったものだが、その5枚のうち1枚が極端に小さくユニークな形であり、他の似た種との区別がしやすい。おおよそ小さい花弁が花序の内側を向き、花序の外周を大きい花弁が彩る。
夏に赤い実をつけ、秋には黒紫色に熟す。

ヤブデマリの花

ヤブデマリの葉