チゴユリ

チゴユリの群落

イヌサフラン科チゴユリ属 多年草

落葉樹林の木陰に生える。
高さ15~30cm。茎は枝分かれしないが、わずかに枝分かれすることもある。
葉は長楕円形または楕円形で、長さ4~7cm、幅1.5~3.5cm。
球根はなく、白くてやや太い地下茎を持つ。
花期は4~5月で、茎の先端に1cmほどの白い花を1~2個咲かせ、花後に黒色の液果をつける。
種子繁殖のほか、地上茎基部に生ずる地下茎により無性繁殖する。無性繁殖は親に当たる地上茎が枯れた後に地下茎の先に新しい地上茎(子)が生じるため、毎年あたらしい地上茎が出現する。このような生活史を「擬似一年草」と呼ぶ。地下茎には長短の二型があるとされる。親地上茎は冬期に枯れて地下茎による接続が切れてしまうので、各地上茎は独立して存在する。

011840b0c476ddb39fb100a5c08e03f4 チゴユリ 五頭山麓いこいの森