シャガ

シャガの花

アヤメ科アヤメ属 常緑多年草

人家近くの森林周辺の木陰などの、やや湿ったところに群生する。
草丈は50~60cm。
葉は2列に並び、剣形で30~60cm。肉質で、つやのある緑色、左右から扁平になっている。いわゆる単面葉であるが、この種の場合、株の根本から左右どちらかに傾いて伸びて、葉の片面だけを上に向け、その面が表面のような様子になり、二次的に裏表が生じている。
開花期は4~5月ごろ。葉の間から30~70cmの花茎を出し、上部で枝分かれして、白っぽい紫のアヤメに似た花をつける。外花被片は倒卵形で、細歯芽があり、濃い紫と黄色の模様がある。
根茎は短く横に這い、群落を形成する。
シャガは中国原産で、かなり古くに日本に入ってきた帰化植物である。三倍体のため種子が発生しない。

シャガの花

シャガの花

シャガの葉