クリンソウ

クリンソウ

サクラソウ科サクラソウ属 多年草

比較的湿潤な場所に生育し、せせらぎや渓谷の湿地などに時に群生する。
高さ30~90cmほどになり、日本に自生するサクラソウ科の植物のなかでは最も大型である。
葉は10~20cmで倒卵状長楕円形。鋸歯を持ち、ロゼットを作る。
花期は4~6月。ロゼットの中心から花茎が伸びる。花は花茎を中心に円状につき、それが数段に重なる姿が仏閣の屋根にある「九輪」に似ていることが名前の由来となっている。花の色は濃い紅紫色(径2~2.5cm)が普通。
日本原産。

クリンソウ