ガマズミ

ガマズミの花

レンプクソウ科ガマズミ属 落葉低木

若い枝は星状毛や腺点があってざらざらで、灰緑色。古くなると、灰黒色になる。
葉は対生し、細かい鋸歯がある卵型から広卵形で10cm程度。表面には羽状の葉脈がわずかに出っ張り、凹凸がある。表面は脈上にだけ毛があるが、裏面では腺点や星状毛などが多い。
花期は5~6月。白い小さい花の花序を作る。晩夏から秋にかけて3~5mm程度の果実をつける。果実は赤く熟し、最終的に晩秋の頃に表面に白っぽい粉をふき、この時期がもっとも美味。甘くて生食できる。

ガマズミの花

ガマズミの花

ガマズミ