カラスザンショウ

カラスザンショウの幹

ミカン科サンショウ属 落葉高木

山野に普通に生える。特に、伐採跡などの裸地にいち早く伸び出して葉を広げる先駆植物である。
高さは6~8mで、最大15mになることもある。
幹や枝に棘があり、古くなると棘が落ちて跡が残る。
葉は1回奇数羽状複葉。普通のサンショウに比べて、はるかに大きな葉をつける。サンショウ同様、葉には油点があり、特有の香りがある。
花期は7~8月。
赤い実をつけて黒い種が露出し、特有の香りを持つ。

サンショウ属の他の種に比べ、はるかに大きいため、類似種と区別ができる。また、他の大柄な羽状複葉をつける樹木とは、幹の棘と葉のにおいで区別できる。

カラスザンショウ

カラスザンショウの幹