アズキナシ

アズキナシ

バラ科アズキナシ属 落葉高木

樹皮は灰黒褐色でざらつき、老木では縦に細長い裂け目が入る。若い枝は紫黒色で白色の皮目がある。
葉は互生し、葉身は卵状楕円形、楕円形または倒卵形で、長さ5~10cm、幅3~4cm、先端は短くとがり、基部は切形から円形になり、縁は重鋸歯がある。葉の裏面に突出する側脈が目立ち、8~10対あり、ほぼ直線状に斜上し縁に達する。葉柄は長さ1~2cmあり、赤みを帯び、軟毛が生える。
花期は5~6月。枝先に複散房花序をだし、白色の花を5~20個つける。
果期は10~11月。果実はナシ状果で長さ7~10mm、幅6~8mmの長楕円形になり、赤く熟すことが和名の由来。
紅葉もきれい。
乾燥した尾根筋などに生育する。

アズキナシの樹皮

アズキナシ

アズキナシ

アズキナシの花