雨でも雪でも特別な道具なしに焚き火をつける方法

雪の中で焚き火

通常時に焚き火はつけられるようになったでしょうか。
次は高難易度の条件でいきましょう。
雨や雪が降っているときの焚き火の付け方です。

新潟の冬なら雪が降って当然

寒いときは焚き火の火がとても恋しくなるものです。
ですが、新潟で寒いときは雪が降って当然です。

家の中で焚き火をすると、すごく煙くなります。
やってみたので間違いありません。
煙たいだけです。
電子製品がなければ、それもありですが、電子製品が誤作動しそうなので止めた方がいいでしょう。
そうなると、雪のある屋外でやるしかありません。

確かに焚き火台という方法はあります。
q?_encoding=UTF8&ASIN=B003AKZ7BE&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=ytakeo3-22&language=ja_JP 雨でも雪でも特別な道具なしに焚き火をつける方法 五頭山麓いこいの森ir?t=ytakeo3-22&language=ja_JP&l=li2&o=9&a=B003AKZ7BE 雨でも雪でも特別な道具なしに焚き火をつける方法 五頭山麓いこいの森
ただ、どの家庭にも焚き火台があるわけではありませんし、また、雪や雨が降っていれば、それも難しいでしょう。

これからの焚き火の付け方は、特別な道具なしにつける方法です。

なお、五頭山麓憩いの森での冬の焚き火は厳禁です。
水道が止まっているので消火できません。
雪が積もっているので消防車もこれません。

ここからの実験は、消火できる場所で、できる限り小さな規模で実施しています。

雪でかまどを作る

まず、降り積もった雪でかまどを作ってください。
風上に口が来るように三方を囲めばOKです。

gozu20190126-01 雨でも雪でも特別な道具なしに焚き火をつける方法 五頭山麓いこいの森
写真では、左側から風が吹いてきています。

物が燃焼するときに必要なものは、温度、酸素、燃えるものの3つ。
以前紹介した記事の通りです。
風が自然に入るようにするのは、酸素供給のためです。
とはいっても、もともと条件が厳しいので、うちわで風を送る準備をしておいてください。

浮かせる

物が燃焼するときに必要な、温度、酸素、燃えるもの。
雪は最悪です。
水の固体です。
液体になるときに熱を奪いますし、液体になった後も熱を奪いまくります。
雨も同じようなものです。
とにかく、雪や雨から燃えるものを離す必要があります。

今回は運良く晴れてくれたので、上からは心配がありません。
でも、問題は下です。
雪と接していると絶対に燃えません。
そこで、こんな方法を使います。

gozu20190126-02 雨でも雪でも特別な道具なしに焚き火をつける方法 五頭山麓いこいの森

あじさいの花が枯れたものです。
もさもさしていて、軽い。
これを火床に敷きます。

ちなみに、アジサイの枝は乾燥させると、くるくるすりあわせて火をおこす例の枝になります。
便利ですね。
一家に一本、アジサイ。
オススメです。

他にもこれはどうかなと思ってみました。
gozu20190126-03 雨でも雪でも特別な道具なしに焚き火をつける方法 五頭山麓いこいの森

竹の枝部分です。そこそこ数集めればいいんじゃ。
そう思ったのですが、結構大変です。
でも、竹は油を含むので、燃えるときはぼわっと燃えてくれます。
ちなみに、五頭山麓憩いの森に竹は生えていません。
あしからず。

というわけで、敷いてみました。
gozu20190126-04 雨でも雪でも特別な道具なしに焚き火をつける方法 五頭山麓いこいの森

灰は意外に形が崩れないものもある

「灰で縄をなえ」と無理難題を言われた殿様が、「縄に火をつけて灰にすればいい」というおばあさんの知恵で助かる昔話ありますよね。
確かに、木を上手に燃やすと白い灰になって、さらさらになります。
ですが、落ち葉は、そう簡単に形が崩れなかったりします。
以前それを利用して、焼き芋を焼きました

落ち葉以上に、紙類は形が崩れません。
だから、五頭山麓いこいの森では、紙の灰はいつまでも形が残って漂い続けるので、着火する際に紙類の使用を禁じています。

今回、火床に近いあじさいの花や竹は、そもそもそう簡単に燃えてくれません。
なぜなら、温度の低い雪に接しているからです。
それらがそこにあり続ける以上、上の枝などは、雪から離れているので燃え続けてくれるはずです。
gozu20190126-05 雨でも雪でも特別な道具なしに焚き火をつける方法 五頭山麓いこいの森
杉の葉を置きます。
本来乾燥させておくべきですが、なかったのでその辺で雪の下になっていたもの。
あまりいい予感はしません。

gozu20190126-06 雨でも雪でも特別な道具なしに焚き火をつける方法 五頭山麓いこいの森
その上に柿の枝。
これはそこそこ乾いていると思います。
手でぽきぽき折れます。

では、点火。
gozu20190126-07 雨でも雪でも特別な道具なしに焚き火をつける方法 五頭山麓いこいの森
白い煙が上がっているのは、「水分含んでるけど、頑張って燃えてるよー」というサインです。
こういうときは、うちわで風を送ってあげてください。そして、たまに細い枝や中太の枝を上に積んであげるといいです。
今回はそんなに長く燃やし続ける気がないので、ほったらかしです。

だいたい、いい感じではないでしょうか。
gozu20190126-08 雨でも雪でも特別な道具なしに焚き火をつける方法 五頭山麓いこいの森
風の強い時季なので、徹底して消火は忘れずに。

雨や雪が降るときは

今回は雨や雪が降っていませんでしたが、そういうときは、ただ、上から雨や雪が落ちないようにしてあげればいいだけです。
火が安定するまで、適当に何かを広げて上に広げておいてください。